快眠といびきの関係について

快眠

いびきは実に問題の種だとおもいます。

快眠というのは全くかけ離れてしまいますよね。

特に寝ている本人にとっては無意識ですので、被害をこうむるのは供に寝ている人だとおもいます。

相手のいびきの大きさに眠ること不足になり快眠したいとイライラしてしまいます。

またいびきをかいている本人はケースによってはボディーに悪影響を及ぼしてしまうリスク性も有りますので出来ることなら放っておかずに一度病院で診てもらう事をお奨めしたいとおもいます。

いびきを改善していく方式として色々有るとおもいますがその方式を習慣付けて行く事で解決に向かい、自分自身も快眠に向かっていけるとおもいますので願わくは試してみてくださいね。

先ずはダイエットです。

いびきは気道がふさがっている事が原因とも言われています。

太っていく事で気道にも脂肪が付いていき、いびきに繋がるというのです。

改称させる目的ではダイエットをして気道から脂肪を取り除いていくと自然にいびきも解決していく事だとおもいますので願わくは試してみてください。

次の方式としてはお酒の飲み方に対してです。

お酒を飲むと気道が充血してしまう為にいびきという症状に顕現てしまいやすくなります。

出来ることなら飲むのを止めた方が良いとおもいますが、無理という人は飲み過ぎには注意しましょう。

ちなみに寝酒を行なうとよく眠れるという人もいますが、これも止めた方が良いとおもいます。

お酒を寝る前に飲むと中枢神経が麻痺してしまうのですが、これによって眠りが浅くなってしまいます。

そうなると熟睡は出来なくなり快眠も出来ないという事になってしまいます。

お酒はほどほどに、寝る前は飲まない様にしましょう。

快眠と睡眠不足について

近頃夜更かしをしている人が増加していると聴きます。

しかしながら眠ることはとてつもなく大切で、快眠や熟睡も実にとてつもなく大切ですのです。

眠ること不足有り様が続いてしまうと色んな障害が出てくる様になるらしいのです。

例えば頭の働きが鈍くなってきて記憶力も弱くなってきます

より一層まずいのが、眠ること不足が続いてくると食欲増加に繋がるらしく、太りやすくなってしまうというのです。

快眠何処ろか太ってしまうとなるとこれは大問題ですよね。

後は高血圧と眠ること不足というのも結構関係が有るそうで、眠っている間は心拍数が低下しますので血圧も下がるのが世間一般的とされています。

それが健康なボディーを保つ秘訣とも言われていますが、眠ること不足有り様になっていると心拍数が下がらない有り様の時間が長くなるので、血管を休めずに負担を掛けてしまう事になってしまうのです。

そうする事で高血圧有り様になってしまいます。

またそれだけじゃなくって認知技能に対しても低下するそうですので、気をつけなくてはいけません。

眠ることを十分に取らないというケース、マイナス思考にもなりがちで自殺する傾向が高いという傾向もあるそうです。

正常な判断が出来ないという事なのかも知れませんね

眠ること不足というのは深刻な問題を出してしまう帰結になってしまいがちですので、願わくは解決する様にしましょう。

1日眠ること不足だったなと感じたら2日目はきちんと眠る様にする。

連続して眠ること不足有り様にならないという事が大切です。

十分に眠ることを確保する事で日中の活動がスッキリと過ごせる様になりますし、快眠にも繋がるのです。

快眠を得る為のツボ

ツボを押して快眠を獲得してみては如何でしょうか。

眠りたくても眠れない。

そういった有り様は辛いですよね。

快眠または眠れる為の支援としてツボが有りますのでご案内したいとおもいます。

【失眠】両足に存在するツボで「失眠(しつみん)」というツボが有ります。

不眠有り様にここを押すと眠気が来る効き目が有るとして知られています。

ツボの立地は、かかとの真ん中、くるぶしとくるぶしを線で結んだ真ん中と覚えて頂ければ良いでしょう。

鎮静作用、利尿作用が有る立地だと言われています。

寝る前に押すと眠気が来るとおもいますが、もしかしながらたケース洗面所に行きたくなってしまうかも知れません。

ちゃんとした立地が分からないケースは、かかとをトントントントンとある程度のリズムで100回ほど軽く叩いてみるのでも大丈夫です。

【少衡】両手に有るツボで「少衡(しょうしょう)」というツボが有ります。

不眠有り様にここを押すと眠気が来る効き目が有るとして知られています。

ツボの立地は、小指の爪の付け根の内部箇所2mm位下の所に有る立地になります

この立地をちょっと強めにグリグリしてあげると良いでしょう。

小指の爪先全体をグリグリしても良いです。

初めは痛いですが3分程グリグリしていると精神的にも落ち着いてきますし、肩凝りや冷え性の改善にも繋がってきます。

眠れるという事だけでなく、ここをグリグリするのを常々の癖にしたケース心理的負荷も減ってきますし、帰結的に心理的負荷無く眠れる様になるとおもいますよ。

ツボの押し方

効きお目当てにツボを押す事で快眠に繋がると言われていますが、大体の立地は調べると分かるのですが現実にに自分のボディーに当てはめると探すのは難しいよね。

ですので実に合っているのか不安になるとおもうのです。

ツボを探す時は大体のツボの立地を見つけたらその周辺を色々押してみます。

そうしたケース何となくボディーの奥の方に響く様な痛みやハートよさを感じ取れる立地が有るとおもいます。

そこがあなたのツボの立地という事になりますので、そこを押す様にしてみましょう。

押し方に関連してですが、ツボは皮膚の奥の方に有る事が沢山です。

その為に、息を吐く時期でツボを押すのが良いと言われています。

押し方も初めから強力に押すのではなく、揉みほぐす様に徐々に徐々に押して行く様にしましょう。

そして大体の所が分かったら、トントンと押すからグリグリと強めに押す、揉むというのを繰返して行きましょう。

痛ハート良い位が調度良いとおもいますよ。

そ以外にもツボを押す為のグッズというのが有りますよね。

それを利用して刺激しても良いのですがずっとやっていると押している方の手も疲れてきてしまうとおもいます。

そうしたケースは温めるというのも効きお目当てなのだそうです。

蒸しタオルを使ったりカイロや湯たんぽを使ったりしてツボ付近を温めてください

これ程でも十分に効き目を出す事が出来ますよ。

但し頭痛持ちの人で緊張型頭痛で悩んでいる人は温めてしまうと頭痛が酷くなってしまう事も有りますので、その時の有り様を見極めて温める様にしましょう。

こうした事を行ってみて快眠を獲得してくださいね。