自分に合った時間で眠ろう

快眠

世間一般的に言って1日6~8時間位寝ている人が沢山様です。

しかしながらこの時間寝ているからと言って必ずしも快眠しているのかというとそうでは有りません。

あくまでもこの時間は統計的な物で有って皆に当てはまるというのは限りません。

自分にしっかりと合った眠ること時間を調べてみる事が快眠に繋がるとおもいます。

寝ているんだからそういったの分かる訳無いっておもうかも知れませんが自分自身でもちゃんと測る事が出来るのです

快眠に必要な時間を調整しているのは脳の中枢箇所だと言われています。

では、どうやって測ると良いのでしょうか

先ずは毎日起きる時間を何時と決めてみましょう。

そうですね、7時に起きると仮定しましょう。

その上で寝る時間を毎日1時間ずつずらして眠りに付いていく様にします。

初めは10時、次の日は11時、その次の日は12時という様にずらしていくのです。

そうしたケース毎日寝る時間が1時間ずつ少なくなるという事になります。

こうしてみる事で毎朝自分のボディーの具合がどういう状況か、眠気は有るのか無いのか、調べていくと帰結は出てきます

このなかで一番すっきりと目覚めたなとおもう日の時間を測ると、それがあなたにとって一番良い眠ること時間という事になります。

容易に眠ること時間を測れる方式は以上ですが、もっと細かく測ってみたいなと感じたら、布団に入る時間や寝付いた時間辺り、夜中に起きたらその時間等、眠ることに関連して色んな事を調査していってみてください

そうする事でもっと快眠出来る時間数や時間帯が分かる様になりますよ

快眠を得る為の食事

よく健康や美容の為に「寝る前の何時間か前は食べない」とか「何時以後は物を口にしない」とか言っているのを聞いた事が有るでしょう。

モデルさん達が結構こう言う方式を取っているやうですが、わたしたち一般人もこう言うお食事の手法をしてたらキレイに痩せられるのかなと思ってしまいますが、モデルさん達というのは運動量が差異ますのでそこまでの期待は持てないでしょう。

というのは言う物の、快眠という見地から見てみると寝る何時間か前からは食べないというのはとてつもなく良い事ですのです。

フードが胃に入り、体内で消化するのには最低3時間はかかると言われています。

そして胃にフードが入ったまま寝てしまうと消化しようとボディーが活発化し、エネルギーを利用していくのでボディーを休める何処ろか活発有り様にしてしまうのです。

こんなようでは快眠が出来る訳が有りません。

それに上手く消化も出来なくなるので肥満の原因になってしまうなんて事にもなりかねません。

いくらダイエットの為にお食事量を減らしても食す時間が遅ければ訳は無いのです。

また満腹通り越す位食すのもはやり消化器官に負担をかけてしまうので同じ事です。

出来ることなら抑制する様にしましょう。

快眠の為にお食事の手法を考えるのであるのなら、最低寝る3時間前にはお食事と済ませておく事、食す物も消化しずらい脂っこい物は抑制してさっぱりとした和食なんかがお奨めです。

より一層栄養バランスも良いとなればGoodです。

快眠も出来るしボディーも健康的になるとおもいますよ。

お腹が空きすぎても快眠は得られないのです

誰でも一度は経験あるかも知れませんが、腹部が空きすぎて眠れないと言った経験はないでしょうか。

腹部が空きすぎてつい食してしまって今度は胃もたれしてしまうとかないでしょうか

それはそれでまた眠れなくなりますよね。

胃にフードが有ると消化器官に影響が出て快眠出来ないと言われています。

それならばいっその事食べなきゃ良いんじゃないかという極度な行動に走る人がいるとおもうのです。

しかしながら腹部が空きすぎても快眠は出来ません。

どういうわけかというと、腹部が空いた有り様では低血糖の症状になってしまいます

ボディーに顕現る症状としては、空腹感は当然ですが目眩やだるいと言った症状が出てくる様になります。

こう言った症状はボディーがリスクな有り様に存在するよと脳がリスク信号を発している有り様ですので、我慢せずにぶどう糖をボディーに補給する様にしてください。

但し、夜寝るときに補給するのですので、ケーキやラーメンなんてこってり系は胃に負担がかかりますし、太る原因にもなってしまいますので避けた方が良いでしょう。

お奨めは牛乳を温めたホットミルクです。

牛乳には催眠効き目がある原材料が含有されていますし、ホットだからボディーも温まるし、リラックスした感じで眠る事が出来るとおもいますよ。

後は、バナナをちょっととか軽くならお粥とか量を軽めにして食すのもお奨めです。

全くの空腹だとハートもイライラしてきますし、快眠には程遠くなりますので適度に食す様にしましょう。

但し寝る直前にお食事をしない様にする等、食す時間帯には気をつけるようにしてくださいね。