不眠に、乳酸菌のC-23ガセリ菌が効く?

不眠に、乳酸菌のC-23ガセリ菌が効く? 不眠症を改善するために

日本人の5人に1人は、睡眠障害を持っていると言われています。

ものすごい数だと思いませんか?

不眠症の症状は主にこのようなものです。

  • 中々寝付けない
  • 夜中に目が覚めてそのまま眠れなくなる
  • 早朝に目が覚めてしまう

ほかにも眠症には多様な症状があります。

不眠になる原因の一番は

不眠症のもともとの原因で、一番おおいのは、精神的、身体的なストレスからくるものだと言われ

ています。

現代はストレス社会ですから、どんな人でも、多かれ少なかれストレスを抱えています。

たくさんの緊張が続いたり、精神的なストレスが強かったりすると、お腹が痛くなることっ

てありますね。

これは、脳と腸が、相互に情報を伝えあっているからなんです。

この脳と腸の関係を、「脳腸相関」というそうで、今非常に注目されている健康テーマです。

腸は神経・ホルモンの中心

腸は、消化吸収するだけの器官ではありません。

人の免疫力を上げるリンパ球の6割が、この腸にあるんです。

又、首から下の神経の半分以上が、集まっている所でもあり、多様なホルモンを生産する所でも

あるんです。

腸は、ものすごく優れた器官といえるでしょう。

この腸には、沢山の菌等の微生物が棲んでいます。

それが、「脳腸相関」を通じて心や身体の状態にも影響を、及ぼすのです。

「脳腸相関」に働きかける菌

「脳腸相関」に働きかける菌、C-23ガセリ菌

この脳腸相関にはたらきかけてくれるのが、C-23ガセリ菌という乳酸菌なんです。

ストレスによる心身の不安感を緩和して、良く睡眠がとれるようにするはたらきがあるので

す。

従来の乳酸菌と同じく、C-23ガセリ菌も腸内環境を整える効果も、勿論あります。

ですが、それと同時に、腸から脳にはたらきかけて、ストレスを緩和して、それにともなう体の不調を改善していくという効果もあるのです。

C-23ガセリ菌を投与すると、身体にストレスをかんじている腸と脳の間の神経活動が、活

性化するので、脳から出されるストレスホルモンが抑えられます。

それによりストレスによる自律神経の乱れもおさまって、心身のストレスによる身体の不調も

良くなるのです。

ですから、心の不安感や不眠症もよくなっていきますし、それとともに、心身ストレスによる便

秘・下痢・過敏性腸症候群等の病気も改善されていくわけです。

寝る前の不眠対策とセットで効果的に

ですが、不眠症にC-23ガセリ菌を飲むだけでなく、眠る前の不眠症対策も大事です。

眠る1時間前におふろに入り、身体内温度が下がるころに寝床に入るよう、準備をしてお

きましょう。

又、眠る直前までスマホ等を、見続けてないようにしましょう。

ブルーライトの影響でメラトニンの分泌が、抑えられてしまいます。

C-23ガセリ菌のサプリだけでなく、寝る前の効果的な対策をして、熟睡できるようにしましょう。

 

コメント

8 dummydummy dummy dummy