不眠症改善に水が効く?その理由は

不眠症を改善するために

夜中々寝付けない、夜中に目が覚めて眠れなくなる等、そういった睡眠障害を抱えている人は、沢山いるようです。

かるいうちなら良いですが、だんだん深刻な不眠にすると、うつ病を発症してしまうこともあります。

そのため、不眠は早く改善した方が良いですね。

不眠グッズや眠りを促進するサプリ等、いろんなものが販売されていますが、そんなことをしなくても、ごくかんたんな方法がありますよ。

それは、「水を飲む」という方法です。

水を飲んで不眠症が改善する理由

「え?水?」っておもいますよね。

しかし、意外に水は、侮れないんですよ。

不眠症は、自律神経の乱れで起こることが、おおいのです。

現代は、ストレスにまみれている社会です。

いつもいつもリラックスできていない、という事がありますね。

そうすると交感神経と副交感神経のバランスが乱れて、心身ともに元気でなくなってしまう事が、よくあるのです。

これは、自律神経失調症になってしまうということです。

そういう時、水をしっかり飲んで、水分代謝を正くすると、自律神経の乱れが改善していきます

すると良質の睡眠がとれるように、関係してきます。

一日に必要な水の量

では、水を、1日どの程度飲めば良いのでしょうか?

「1,500ミリリットル」が良いとされています

そんなに飲めないとおもう方もいるかもしれません。

勿論、いっきにその量を飲むわけではありません。

1日かけて、何度もすこしづつ、飲むようにします。

すこしづつ飲む方が、身体にも良いのです。

一度にたくさんの水を、飲むとかえって身体に害があるんです。

カフェイン・アルコールでなく水

好みの飲み物でもいいかというとそうではありません。

カフェインが入った飲み物やアルコール飲料は、利尿作用があります。

ですので、これらのもので水分を補給するというかんがえは、よくありません。

飲んでも排出作用があるので、脱水症状になってしまうかもしれないからです。

ジュース類も糖分がおおいので、消化する際に水分が必要になりますから、水分補給とはならないのです。

ですので、ただの水が、一番良いのです。

白湯(湯冷ましのお湯)は就寝前に効果的

 

白湯(湯冷ましの湯)は就寝前に効果的

又、白湯(湯冷ましのお湯)は、副交感神経を高めます

心地よくリラックスできる飲み物です。

ですから、夜眠る前に白湯を飲むと、寝付きがよくなります。

こちらもゆっくりすこしづつ飲みましょう。

湯冷ましなので、熱くて飲むことができないという温度ではありません。

すこしだけ熱い、くらいのかんじです。

炭酸水もリラックス効果あり

そして、炭酸水も身体には良いものです。

コーラやサイダーのような飲料ではなく、糖分が全然入っていない、単なる炭酸水が良いのです。

炭酸水に含まれる二酸化炭素が、身体内に入ると、血流が良くなります。

そのため、筋肉の緊張をやわらげる効果や、疲れを緩和する効果もあるんです。

眠る前に飲むのも良いかもしれませんね。

コメント

8 dummydummy dummy dummy