不眠症になるそもそもの原因とは、どんなものがあるの?

不眠症になるそもそもの原因とは、どんなものがあるの? 不眠症を改善するために

不眠症になるそもそもの原因って、どんなものがあるでしょう。

心身に影響するストレスを抱えているから、だけとは限りません。

病気が、隠れていたりもするのです。

それでは、どんな不眠症のそもそもの原因があるのか、順にみていきましょう。

不眠症の原因

不眠症になる原因としては、大きく5つにわけることができます

まず病気が原因の場合からみてみましょう。

病気が原因の場合

病気が、そもそもの原因である場合です。

  • 肌疾患で痒みがある
  • リウマチ等で身体がい

体に痛みがあると寝つきがよくありませんし、熟睡出来ません

こういった病気だけではなく、糖尿病、高血圧、前立腺肥大、心不全、狭心症、胃潰瘍、パーキンソン病等の病気になっている場合も、不眠症になりやすいようです。

環境が原因の場合

生活環境が、そもそもの原因である場合です。

例えば、

  • 海外旅行から帰って来て、時差ボケになって不眠に
  • 仕事が、夜と昼の交代制の勤務で、暮らしのリズムが狂い不眠に。
  • 寝室の環境が悪いため不眠に

寝室の環境は大事で、音がうるさい、明るすぎ、室内の温度が適温でない、乾燥している。

などの影響で眠れないことにもなります。

心理的な原因の場合

心理的なそもそもの原因の場合です。

人間関係や仕事上のトラブル、その他心配事で、夜寝床に入るといろいろかんがえてしまい眠れなくなり、不眠症になってしまいます。

そのトラブルが、解決してしまうと良く睡眠がとれるようになる人もいます。

ですがが、トラブルや心配ごとが解決しても、不眠症が治らなくなる人もたまにいます。

そうすると、睡眠出来ないという事が、又新たな心身のストレスとなり、不眠が長期化してしまうのです。

うつ病・統合失調症が原因の場合

うつ病や統合失調症等の病気を、持っている人は、不眠症であることがおおいようです。

精神疾患のある人のおおくは、脳内から分泌されるセロトニンというホルモンが不足しているのです。

セロトニンは、気分をリラックスさせるはたらきがあります。

そして睡眠に欠かせないメラトニンの分泌を、促進するはたらきがあります。

ですが、それが不足していることから、眠れなくなるのです。

アルコール・カフェイン・タバコが原因の場合

 

アルコール・カフェイン・タバコが原因の場合

アルコール、カフェイン、タバコが、そもそもの原因の場合。

アルコールは眠りが浅くなる

お酒を飲むと、良く睡眠がとれると勘違いしている方がおおいです。

実は、お酒は、眠りを浅くしてしまうのです。

その為、夜中に目が覚めて、眠れなくするということになります。

カフェインは脳を覚醒させる

又、一般的な常識ですが、眠る前にコーヒー等のカフェインの多い飲み物を飲むと、脳が覚醒して眠れなくなります。

高齢者の場合には、その覚醒効果が6時間くらい続きます

眠る時間の6時間前には、カフェイン類を飲まない方が、良いですね。

タバコは脳を興奮させる

そして、タバコは、眠りには大敵なものです。

タバコに含まれるニコチンは、カフェインよりも強い興奮剤です。

ニコチンは依存症になりやすいです。

ニコチン依存にすると、脳内にニコチンがあるうちは、リラックスできるのですが、ニコチンが切れると、不安や緊張が高まってしまうのです。

その為、眠る前にタバコを吸うと、夜中にニコチン切れて覚醒してしまうのです。

このようなことから、タバコはやめた方が良いですね。

コメント

8 dummydummy dummy dummy