不眠症、ふとん一式と寝室の環境で改善出来る?

不眠症、ふとん一式と寝室の環境で改善出来る? 不眠症を改善するために

不眠症で悩んでいる方で、とくにおもいあたるも原因が分からない、とい場合があるかも知れません。

原因がわからないというのは不安ですね。

今まで、布団や寝室の環境については、じっくり考えたことがあったでしょうか?

不眠の原因はふとんや寝室かも

だとすると、もしかすると、ふとん一式や寝室に、そもそもの原因があるのかもしれません

寝室環境やふとん一式は、すごくに大事です。

何でも良いというわけにはいきません。

ふとん一式を変えただけで、良い睡眠が摂れるようになる事も、ままあるのです。

まず、寝室環境をかんがえてみましょう。

よく眠れる寝室の環境

よく眠れる寝室の環境、温度湿度

よく眠れる寝室の条件として、温度、湿度、音が大きく関係してきます。

よく眠れる寝室の温度

 

寝室の温度は、夏は、23~25度、冬は、大体13~15度くらいが適温といわれています。

この温度を保つと、熟睡しやすいのです。

勿論、地域性や、マンションか一戸建てかということでも違ってくるので、その温度にするのが、むつかしいという場合もあるかも知れません。

ですが熟睡のためには、出来るだけこの温度に近づける方がよいわけです。

ただ夏季のクーラーのつけっぱなしは、しないでくださいね。

よく眠れる寝室の湿度

又、湿度は、50~60%くらいが良いです

もしそれより乾燥しているようなら、加湿器を置いたりして調整すると理想的です。

よく眠るには静かな方がよい

そして、できるだけ静かな環境で眠るのが良いです。

それが、難しい場合には、窓に防音シートを張るとか、耳栓を利用して音を遠ざけるのがよいです。

又、心地よくリラックスできる音楽を、低音量で流して眠るというのも心が休まってよい方法です。

そうすると、ほかの音も気にならなくなるかもしれません。

安眠できるふとん一式に変える

安眠できるふとん一式に変える

不眠の原因がもし、ふとんにあるとしたら。

今まで考えていなかった人は、考慮してみてください。

ふとん一式は、どんなものを、選んだら良いでしょうか。

安眠のための掛布団

まずかけふとんですが、やはり一番おススメなのは、羽毛ふとんでしょう。

保温性もあり、軽くて身体に負担がかかりません。

重いふとんは、血行も悪くなりますし、寝返りをうちにくいです。

羽毛布団の選び方

羽毛ふとんは、ピンからキリまであります。

やはり安くて粗悪な羽毛ふとんは、保温が悪く寒いなんてこともあるようです。

あまり安いものは避けた方がよさそうです。

布団生地はポリエステル素材でなく、木綿が良いと思います。

木綿は羽毛とのなじみもよく、吸湿性があります。

安眠できる敷きふとんやマット

敷きふとんやマットですが、低反発マット、木綿ふとん、羊毛ふとんなどなど、多様な種類が出ています。

これは、その人その人に合ったものを、えらぶという事になります。

腰の痛みがある人には、それ専用のマットも出ていますし、身体圧を分散してくれるマットも

あるんです。

昔ながらの木綿ふとんも、吸湿性があるので蒸れたりすることがないです。

ただ時々、日光に当てる必要があります。

自分自身の身体に合った、敷きふとんやマットを選ぶことが大事です。

安眠できる枕

枕も大事です。

選ぶときの大事なポイントは、自分に合った高さに調整出来るかどうかです。

以下の三点が重要です。

  • あおむけになった時に、しっかり首を支えてくれるか
  • あごの状態が安定してあがり過ぎたり下がり過ぎたりしていないか
  • 寝返りがうちやすいかどうか

ぜひこれらを参考にして、安眠できる枕を選んでください。

コメント

8 dummydummy dummy dummy