夜中に目が、覚めてしまう人の為の対処法

夜中に目が、覚めてしまう人の為の対処法 不眠症を改善するために

不眠症のなかに、「中途覚醒」という症状があるんです。

これは、夜中に何回か目が覚めてしまい、そのまま眠れなくなってしまうという症状です。

これが週に数回とか、何か月も続くようなら、不眠症であるということになるでしょう。

夜中に目の覚める人「中途覚醒」の特徴

夜中に目が覚める人というのはどんな人なのでしょう。

  • 高齢者
  • 交代制勤務の仕事に就いている人
  • 睡眠時無呼吸症候群の患者さん
  • むずむず脚症候群の人

その理由を簡単に説明しますね。

夜中に目がさめやすい高齢者

高齢者は、比較的に中途覚醒がおおくなります。

人は年を取ると、眠りが浅くなるのはやむを得ないことのようです。

夜中に何度も目が覚めたり、早朝に目が覚めてそのまま眠れなくなってしまいます。

夜中に目がさめやすい交代勤務の人

又、交代制勤務の仕事に就いている人は、いつも夜に寝れるという訳ではありません。

そのため身体のリズムが狂ってしまい、中途覚醒がおおくなってしまいます。

夜中に目がさめやすい睡眠時無呼吸症候群の人

睡眠時無呼吸症候群の患者さんたちも、脳に必要な酸素が届かなくなって、何度も夜中に目が覚めてしまいます。

その為昼間突然に眠気が襲い、気が付くと眠っているというような事になります。

これは、命にもかかわる事です。

夜中に目がさめやすいむずむず脚症候群の人

肌に疾患がある人や、むずむず脚症候群の人も、夜中に身体や足がむしょうに痒くなって、目が覚めてしまいます。

病気が原因の人の対処法

不眠の原因が病気だとわかったら、早めに医者に相談して、根本原因を取り除く以外に、てだてはありません。

病気以外が原因の不眠の人の対処法

病気以外の人の対処法

病気以外で中途覚醒してしまう場合は、どんな対処法があるのでしょうか。

寝床での対処法四つ

まず、寝室は眠る場所と決めて、それ以外には使わない事です。

本を読むのも寝床の上で、という習慣もやめます

夜中に目が覚めてしまった時は、ふとんのなかにいるのではなく、いったん起きて別の部屋へ行きます。

そして、再び眠くなったらふとんに戻ります。

寝床の脇の時計は、伏せておきます。

夜中に眼が覚めてしまった時に、「今時間は何時なのか」と、絶対に確かめない方がいいでしょう。

時間が気になると、どんどん目が覚めてしまします。

寝酒をやめる

寝酒も中途覚醒の原因となるので、やめましょう。

お酒を飲むと良く睡眠がとれるというのは錯覚です。

眠りが浅くなります。

お酒の酔いが完全に抜けてから眠る方が、深い眠りになります。

午後遅くからの水分は控える

夜中、トイレに行きたくなって目が覚めてしまう人は、昼間の水分の取り方にくふうが、必要です。

出来たら、午前中に沢山水分を摂り、午後遅くなってからは、水分は控えるようにしましょう。

入眠しやすいよう就寝1時間前にお風呂

人間の身体は、眠りに入る時に体内温度が下がるので、入浴をうまく利用しましょう。

眠る1時間前くらいにおふろに入り、身体内温度が下がる頃合いを、見計らって寝床に入りましょう

寝室の環境を整える

寝室の環境も大事です。

音が気になる、光が明るいなどで眠りにくいことがありませんか。

  • 騒音が気になる時は、ウインドウに防音シートを張る。
  • 外の明るさは、遮光カーテンで光をシャットアウトする。

などの対策をしてみてください。

完璧に解決出来ないかもしれませんが、いろいろくふうすることで、眠りやすい環境になります。

コメント

8 dummydummy dummy dummy