ストレスで眠れない時の改善手法・対処法

ストレスで眠れない時の改善手法・対処法 不眠症を改善するために

現代は、どんな人でもある程度の精神的、肉身体的なストレスを、抱えて暮らしているとおもいます。

個々人のストレス度合やもともとの原因は、違いますしその程度も違います。

でも共通しているのは、心身のストレスを抱えていると、人は中々熟睡出来ないという事です。

身体はすごくに疲れているのに、頭だけがさえて、気持ちの良い睡眠に入っていけないのです。

ストレスを取り除けば改善するとはいえ、すぐにとりのぞけませんし。

寝つきが悪い、夜中に起きてしまうなどがつづくと、「不眠症」という病を抱える事になりかねません

ストレスがあっても熟睡するために

では、ストレスを抱えていても、何とか眠る方法というのはあるのでしょうか?

はい、いくつか方法があります!

就寝1時間前の入浴

就寝1時間前の入浴

ひとつには、眠る時間の1時間前に入浴する、という方法です。

人間の身体は、睡眠態勢に入る時に身体内温度が下がります

ですから眠る1時間前におふろに入り、おふろから出て丁度身体内温度が下がるころには、寝床のなかで睡眠がとれるという状態にしておくのです。

おふろの温度は、38度から40度くらいのぬるめにして、ゆっくりお湯につかりましょう。

そうすると身体の芯から温まることが、出来ますし、心地よくリラックスできます。

その後、前述したように、丁度体内温度が下がる頃を見計らって、寝床に入るのです。

するとリラックスした気持ちが続き、体内温度も下がるので、気持ちよく睡眠に入ることが出来るのです。

音楽やアロマでゆったり過ごす

そしてもう一つできることは、眠る前に気持ちが癒される音楽を流したり、アロマやお香をたいて、ゆっくりした時間を創ることです。

カフェインの入った飲み物ではなく、ハーブティーやココア等を、ゆっくり飲みながら、自分だけの時間を創るようにしましょう。

スマホは睡眠の大敵

勿論スマホは、ダメです。

スマホからでるブルーライトを浴びる事は、睡眠の大敵です。

このブルーライトは、脳から分泌されるメラトニンを、抑制してしまう力があるのです。

このメラトニンというのは、人間を睡眠に導くためのホルモンなので、眠るまでこのブルーライトを浴びていると、寝つきも悪くなります。

そして、良質の睡眠が摂れなくなります。

ですから、夜眠る前はリラックスするために、スマホはやめて、音楽を聴きながら、良いかおりを楽しみ、ハーブティーを味わいましょう。

出来たらハーブティーは、カモミールが良いでしょう。

気持ちを、落ち着かせる効果が、あるんです。

コメント

8 dummydummy dummy dummy