不眠症に効果のある呼吸法「4-7-8呼吸法」と「丹田呼吸法」

不眠症に効果のある呼吸法「4-7-8呼吸法」と「丹田呼吸法」 不眠症を改善するために

不眠に悩まされている人は、沢山います。

日本人の5人に1人は、不眠症かもというデータもあるんです。

あなたの身近にも、ぐっすり眠れてないという人は、ケッコウおおいかもしれませんね。

そこで、不眠をやわらげる呼吸法があるので、やってみたところ不安が減って安眠につながったような気がします。

その方法をお伝えします。

不眠の原因を静める呼吸法

この不眠症、交感神経と副交感神経の乱れが、もともとの原因で起こることもあるんです。

又、パソコンやスマホ等からのブルーライトを浴びることにより、脳から分泌されるメラトニンを抑制してしまい、不眠になってしまう事もあるんです。

メラトニンは、人を眠りに導くホルモンなんです。

不眠を解消する「呼吸法」とは

こういった不眠を解決する為に、「呼吸法」が役にたつのです。

二つ紹介します。

「4-7-8呼吸法」

ひとつは、「4-7-8呼吸法」というものです。

4-7-8というのは、4数える、7数える、8数えるという事で、

「4数えながら息吸う。7数えながら息をめる。8数えながら息を吐く」という事を、繰り返す呼吸法です。

息を吸う時は鼻から、息を吐くときは、口からゆっくり吐きます

これを、何回も繰り返してます。

しだいに眠くなってきて、いつの間にか寝入ってしまうというかんじになります。

「丹田呼吸法」

もう一つは、「丹田呼吸法」というものです。

身体の中の丹田を意識して呼吸すると、副交感神経が高まり、心身ともに心地よくなります。

リラックスして眠りにつけるという呼吸法です。

この丹田ですが、身体の何処にあるかというと、おへそから5センチ下、そして身体の中へ向かって5センチ行ったあたりにあるんです。

身体のなかに丹田があるので、そこを意識するというのは、かなりむつかしいかもしれません。

でもこの「丹田」という場所、すごくに大事な所らしいですよ。

「丹田呼吸法」の具体的なやり方

では、その丹田呼吸法の手法ですが、まずふとんの上にあおむけに寝ます。

両手を、オヘソから5センチくらい下のところに置きます。

そして丹田の周辺をへこますように、鼻でゆっくり深く息を吐きます。

それから今度は、ゆっくりと深く鼻で息を、吸い込んで、丹田のあたりを大きくふくらませていきます。

これを、何回も続けます。

しだいに心地よくリラックスできます。

気持ちよくリラックスしてくるので、眠りにつく事が出来ます。

呼吸法と合わせてアロマ・肌触りのよいもの

呼吸法と合わせてアロマ・肌触りのよいもの

呼吸法をする事に加えて、アロマやお香をたくのも良い手法です。

自分のすきなかおりをかぐと、心地よくリラックスできます。

全身の力が抜けて、気持ちよくなってくるはずです。

又、眠る時に利用するパジャマやシーツ、枕カバー等も肌ざわりの良いものにすると良い効果が、あるんです。

さわって気持ちのよいもの、ご自分の好きな肌ざわりのぬいぐるみを、そばに置いて眠るのも良いかもしれませんね。

コメント

8 dummydummy dummy dummy